2015年01月22日

ロックンロールミシン

ロックンロールミシン.jpg東京へのお供として借りました、ロックンロールミシン。
タイトルを見て手に取り、作者が文化の卒業生だと書いてあり、はい決定。

「自分の体になんらかの情報が入ってから、何かが存在するのよ。知らず知らずのうちに、情報が溜まっていくから、人間は表現出来るようになるのよ。そう考えると、本当にオリジナルなものなんて、世の中にはないのかもしれないじゃない」

このセリフ、確かにそうだよな。
でも「でもさ、」と言いたい。
そうだよ、そうなんだけど、でもさ、って。
人から見ればどーでもいいことでも、自分にとっては侵されたくない大事な部分があるんです。
でも時々、自分が頑固なわからずやなだけなのか?とか、気にしすぎ?とも思う。
たまーにそんな感情がふつふつと。
自分ってちっちぇーなーと思いつつ、考えを改めたりはしませんけどね。
やっぱり頑固ちゃんだね、ふふ。
posted by ゆり at 12:50| Comment(0) | よむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: